一概にピルといっても様々な種類があり、その中でもモーニングアフターピルについては実はあまり知られていません。

ピルの使用目的は避妊だけではない

ピルとは経口避妊薬とも呼ばれる薬で、主に避妊を目的として用いられます。
ピルには女性ホルモンが含まれていて、服用する事で体内の女性ホルモンの量を人工的に調整する事が可能になります。
これによって、排卵の抑制等を行ない避妊の効果を得る事が出来るのです。

ピルには大きく二つの種類があります。
一つ目は定期的に服用するタイプの物です。
このタイプは、毎日決められた用量を服用する事で計画的に女性ホルモンの調整を行ないます。
排卵の抑制や、精子の子宮内への侵入の阻止等の作用があります。

二つ目は緊急的に服用するタイプです。
モーニングアフターピルとも呼ばれています。
普段はピルを服用しておらず、突発的に妊娠を回避しなければいけなくなった時に服用します。
受精の阻止や、受精卵が子宮に着床するのを阻止したりする作用があります。

上記のようにピルは避妊を目的として用いられる事が多いのですが、避妊以外を使用目的として用いる場合もあります。
代表的な目的としては、月経周期を規則正しくする事、月経困難症を改善する事等が挙げられます。
他にも、長期間服用する事によって、子宮内膜症や卵巣がん等の女性特有の病気の発症頻度を低下させる効果も期待出来ます。