一概にピルといっても様々な種類があり、その中でもモーニングアフターピルについては実はあまり知られていません。

ピルを使うのは最後の手段

性交渉をした際に避妊をするつもりであったが、失敗をしてしまったという時には最後の手段として緊急避妊ピルを使用する方法があります。
通常、避妊する場合には性交渉をする時にコンドームなどを使用するのですが、中には破けてしまったということもあります。
そのような、何かしらの事情によって避妊が失敗してしまい、望まない妊娠をする可能性を避けるために使われているのが緊急避妊用のピル、別名でアフターピルが使われています。
アフターピルには、女性の排卵を抑制したり、受精を妨げる効果があり、服用することで高い確実に妊娠を回避することができます。
服用は、性交渉後に72時間以内に飲めば避妊できると言われていますが、より効果的なのは24時間以内とされています。
副作用として知られているのは、吐き気や嘔吐、頭痛などが有名です。
アフターピルの入手方法は医師による処方が一般的ですが、インターネットで安く入手することも可能です。
ですが、アフターピルは、あくまで避妊を失敗をした時のための最後の手段です。
緊急避妊の効果は高いですが、結果ホルモンバランスを乱す以外にも体への負担がかかりますので日常的な服用は良くないとされています。