一概にピルといっても様々な種類があり、その中でもモーニングアフターピルについては実はあまり知られていません。

モーニングアフターピルとは性交渉を行った際に避妊措置に失敗した、または避妊措置を行わなかった時に妊娠を防ぐために性行為を終えた後に緊急的に用いる経口避妊薬のことです。
アフターピルや緊急避妊薬と呼ばれることもありますが、基本的には同じ薬のことを指します。
現在日本でよく使われているモーニングアフターピルには2種類あります。
どちらの薬も服用すれば100%妊娠を防げるわけではありません。
しかし医師の処方に従って正しく服用すれば、服用しない場合に比べれば高い避妊効果が見込まれています。
一つ目の方法が「ヤッペ法」と呼ばれるものです。
これは中用量ピルを使った緊急避妊法です。
性交後72時間以内に中用量ピルを2錠服用し、その12時間後にさらに2錠服用します。
もう一つの方法がノルレボという薬を服用する方法です。
ノルレボもヤッペ法と同じく性交後72時間以内に2錠服用します。
ノルレボはヤッペ法で使用される中用量ピルと比べると副作用が少なく、比較的安全な緊急避妊薬とされています。
また避妊に失敗する割合もヤッペ法の3%に比べて1%と低く、より効果が高いとされています。
ただ服用すれば必ず避妊できるわけではありません。
妊娠したくない場合はアフターピルに頼るのではなく、まずはしっかりと避妊措置を取ることが重要です。