一概にピルといっても様々な種類があり、その中でもモーニングアフターピルについては実はあまり知られていません。

緊急避妊薬である一般的なモーニングアフターピルは、2回服用しなければなりません。72時間以内に1度目の服用をして、12時間後に2回目の服用をする必要があります。当然ですが、モーニングアフターピルは2回目の飲み忘れをすると避妊の成功率が下がります。モーニングアフターピルを完璧に服用することで、9割の成功率があります。72時間以内になっていますが、早ければ早いほど成功率を維持することが可能です。

特に2回目の服用を忘れてしまう女性も多く、何としてでも飲み忘れを防がなければなりません。その飲み忘れを防ぐ無料の対策があります。それはスマートフォンに12時間後アラームを入れておくことで飲み忘れを防ぐことができます。この方法は毎日服用しなければいけない低用量ピルの時使っている人も多い無料で出来る方法です。特にモーニングアフターピルは飲み忘れを絶対に避けるべきですので、無料のスマートフォンアラーム対策をとって、飲み忘れを防ぎましょう。

またその他の飲み忘れを防ぐ対策は、新しいモーニングアフターピルを服用することです。新しいモーニングアフターピルは、120時間以内の服用になり、しかも1回だけの服用になりますので、飲み忘れを気にする必要があります。ついうっかりしてしまうという方は、新しいモーニングアフターピルを服用すると良いでしょう。ひとつだけデメリットがあり、一般的なモーニングアフターピルに比べると、費用が高くなります。

低用量ピルも同じですが、つい忘れてしまうことがあるでしょう。正しい使い方をしなければ、妊娠する可能性がありますので、ついうっかりということをなくすようにしてください。自分の体を守ることに繋がりますので、対策をきちんと行いましょう。